集客を狙うホームページを作るなら、web制作は目的に合わせて選ぶのがいいでしょう。web制作は、様々な目的によっていくつかの種類があります。ここでは、web制作にまつわるサイトの種類について説明していきますので参考にして下さい。

コーポレートサイト

多くの企業が制作するコーポレートサイト。コーポレートサイトはどんな目的で作られるのでしょうか。ここではコーポレートサイトの目的や依頼する際に準備すること、また自分で作成する場合にはどうすればいいか説明していきます。

端末のスペックを考慮したweb制作が閲覧数を増やす秘訣

web制作は伝えたい情報を満載するより、閲覧する人が使う端末のスペックを考慮することが重要です。可能な限り容量を低く抑え、必要最低限の情報に絞ることがスムーズな操作と閲覧数の増加に繋がります。

サービスサイト

大企業は企業サイトのほかにサービスサイトを制作していることがあります。商品の情報やサービス内容が企業サイトと別になっているサービスサイトは、どのように制作したらいいでしょうか。ここではサービスサイトについてや、制作するポイント、制作にかかる金額を説明します。

サービスサイトとは何?

最近よく聞かれるようになった「サービスサイト」。一体どういったものを指すのでしょうか。それを知るにはもう一つの言葉、「コーポレートサイト」との違いを見ていくと分かり易いと思います。まず「コーポレー… Continue Reading

目的別!サービスサイトの制作ポイント

サービスサイトは、特定の商品やサービスに特化して情報を提供する、営業目的のサイトを意味します。それに対して、企業全体に関する情報を提供するのがコーポレートサイトです。いわばサービスサイトは、コーポ… Continue Reading

サービスサイトはいくらかかるの?

サービスサイトを作成するには、自分だけで作る場合とweb制作業者に依頼する場合があります。自力で制作する時にかかる金額はサーバーの費用だけなので、それ以外はほとんどかかりません。しかしホームページ… Continue Reading

自分で作るならどうしたらいい?

コーポレートサイトを作る手順

企業の宣伝用のホームページであるコーポレートサイトは、自社で作成することも可能です。その際には、まずホームページの土台となるサーバーやドメインをレンタルサーバーなどから取得します。そのうえで、サイトに掲載する情報やデザインを、伝えたいイメージや業務内容から考えます。基本的に掲載する情報は、企業の概要や事業内容、お問い合わせフォームに採用情報などとなるでしょう。これらを素人である閲覧者にもわかりやすいような言葉に置き換えて掲載します。掲載する情報が決まったならば、サイトマップを作成した後でワイヤーフレームを作成し、自社のデザイナーやエンジニアに依頼してコーポレートサイトの作成を行うという流れです。

作った後も運営を続ける

コーポレートサイトは、一度作成すれば終わりというものではありません。外部の業者に作成を依頼した場合、その後も更新手続きなどをしてくれることが多いですが、自社でコーポレートサイトを作成したのならば、その後の運営も自社で行わなければならないという点に注意が必要です。この運営を怠ってしまうと、コーポレートサイトを作成した意味がなくなってしまいます。お問い合わせフォームから寄せられた意見への対応をはじめ、ドメインやサーバーの更新、情報が古くなっていないかの確認も必要となります。新たな情報を発信しなければ、企業利益につながりません。また、サーバーやドメインの更新を行わなければ、ホームページ自体が閲覧できなくなってしまうでしょう。