サービスサイトの役割

サービスサイトは、特定の商品やサービスに特化して情報を提供する、営業目的のサイトを意味します。それに対して、企業全体に関する情報を提供するのがコーポレートサイトです。いわばサービスサイトは、コーポレートサイトを補完する役目を果たします。サービスサイトに類似するのがランディングページです。前者が複数ページにわたるのに対し、後者は1ページにコンパクトに情報をまとめたものです。ホームページを営業に活用するには、サービスサイトの充実が不可欠です。ランディングページで新規見込み客を惹きつけた後、サービスサイトで見込み客が求める情報を分かりやすく伝えるのもポイントとなります。また、ターゲット層を絞り込んだ深い内容を盛り込むことも大事です。

サイトの目的と構成を一致させる

サービスサイトを制作する上では、見込み客が求める情報をタイムリーに提供することが大事です。すなわち「新製品の紹介」や「展示会のお知らせ」、「イベント案内」などを適宜発信する必要があります。加えて、サービスサイトへのアクセス状況を監視しながら、問い合わせなど目的別にページを更新することも大切です。また、サイトデザインに関しても、目的に適った構成にする必要があります。達成したい目的とサイト構成が一致していなければ、サービスサイトを作っても成果が上がらなくなります。集客が目的なら集客に効果的な構成が必要で、販売が目的なら販売につながりやすい構成が不可欠と言えます。肝心なのは、複数の目的を立てるのではなく、一つに絞ることです。

webサイト構築はとにかく緻密さと忍耐が大切です。またトラブルが起きた時に冷静に対処できることも重要です。