「サービスサイト」とは

最近よく聞かれるようになった「サービスサイト」。一体どういったものを指すのでしょうか。それを知るにはもう一つの言葉、「コーポレートサイト」との違いを見ていくと分かり易いと思います。まず「コーポレートサイト」ですが、こちらは私たちが普段目にしている「企業のWebサイト」です。その企業がどのような会社で、どんな商品やサービスを扱っているのか、また住所や沿革といったよう情報も載せています。より多くの人に会社の全体を知ってもらう、信用を獲得し、それによってその企業の価値を高める、そういった目的で作られているものです。
一方の「サービスサイト」ですが、こちらは目的をより営業に特化したWebサイトです。対象となるのは特定の商品や事業分野のターゲットとなる顧客です。なので掲載される内容も販売したい商品やサービスに特化したものとなります。

「サービスサイト」を作る意義とは

全ての商品やサービス、会社情報などを載せなければならない「コーポレートサイト」に比べ、「サービスサイト」はその売りたい商品、ターゲット市場、販売戦略に沿った自由度の高いデザインにすることが出来ます。またコンテンツの内容も、その商品や事業に関する様々なトピックに対して深く掘り下げた情報を「コーポレートサイト」より少ないページ数で提供出来ます。そのためターゲットとなる顧客に分かりやすく伝わり、ビジネスにつながりやすくなります。
つまり「コーポレートサイト」の広く、多くの人達に、と言う性質上簡単には出来ない、特定の顧客に対する情報提供をするために「コーポレートサイト」に補完する形で営業用に作られるものが「サービスサイト」だと言うことができます。